統合失調症の治療法について

統合失調症では、その症状に合わせて治療方針が決められます。一般的には、まず薬物療法が行われます。統合失調症患者の多くは、初期は「うつ病」と診断されることが多いのですが、うつ病では「抗うつ剤」が大変効果的なのに対して、統合失調症では抗うつ剤は殆ど効かないため、数種類の抗うつ剤を処方された後に、「うつ病ではなく統合失調症でした」と訂正されるケースが多い病気です。

 

また、それまでの間に血液検査を行ったり、心理テストを行なったりして、正式な病名の決定に至る病院が殆どでしょう。統合失調症では、抗うつ剤は効果がないのですが、「抗精神薬」や「抗不安薬」が大変効果的なため、そういった薬の処方に転換されます。

 

基本的に、これらの薬物療法で好転できる方もいるのですが、症状が激しい場合には、入院治療を行なったり、その他の療法が同時に進行されることもあります。その一つ目が心理療法で、つまり、簡単にいえば、カウンセリング・セラピーといったことを行います。

 

心理士とのカウンセリングやセラピーでは、自分が統合失調症という病気であることを精神的に受け入れられるような話や、具体的な悩みや不安を聞いて相談に乗ったりして、精神的に落ち着けてあげるといったことを目的に行います。

 

統合失調症では、自閉的になっている人が多いため、心を開かせることが重要とされているからです。また、作業療法を取り入れている病院もあります。具体的には、園芸やゲームなど、グループで簡単な作業を行うトレーニングをします。

 

最新の統合失調症克服法をご紹介

<更新日>

ここをクリックしてください!
詳しい情報はこちらから

ここをクリックしてください!
詳しい情報はこちらから

統合失調症の治療法について関連ページ

原因
種類
障害年金
うつ病