うつ病とパニック障害との関係

パニック障害は、まだまだパニック障害への理解がそこまで社会に広がっていないため、適切な診断や治療を受けることが出来ずに症状が悪化してしまうケースが多いようです。

 

パニック障害が悪化してしまうと、いつも行き慣れた場所以外に行く時、パニック発作を起してしまうのではないかという不安に襲われます。

 

またあの場所へ行ったら発作が起こるのではないか・・・あの場所であれをしたら発作が起こるのではないか・・・などと、日常生活を送るにあたって行くことの出来ない場所やすることが出来ないことが増えていってしまうのです。

 

そのため、家に引きこもりがちになってしまい、そんな自分を情けなく思ったり、社会で生活する上で自信ややる気を喪失してしまい、うつ病へとエスカレートしてしまうことも少なくありません。

 

パニック障害の後にうつ病を併発するケースも多くみられ、うつ病も併発してしまうと治療には相当長い時間がかかると言われています。パニック障害かもと疑いがある場合やパニック障害だと診断された場合には、早期治療を行うことをおすすめします。

 

そして、もし、うつ病を併発してしまったのなら、うつ病から先に治療を行っていくのが一般的です。実際、うつ病を併発してしまうと気分も沈みがちになるので発作の回数も減り、うつ病を併発していることに気が付かないでいる患者さんも多くいるでしょう。

 

予めパニック障害だとわかっているのならば、無気力であらゆることに感情を感じなかったり、食欲がなく、不眠に悩まされ始めたら注意が必要です。

 

パニック障害を大したことないと放っておくと、ゆくゆくはうつ病を併発する可能性があります。楽しい人生を送るためにも放っておかず、早期治療を行いましょう。

 

最新のパニック障害克服法をご紹介

<更新日>

ここをクリックしてください!
詳しい情報はこちらから

ここをクリックしてください!
詳しい情報はこちらから

ここをクリックしてください!
詳しい情報はこちらから

パニック障害を患っている人のうち、うつ病にもかかる人が割と多いものです。パニック障害になる以前からうつ病であった人もいますし、パニック障害の症状が鎮まってきたりあたりに引き起こす人もいます。パニック障害込みの不安障害の場合、うつ病を発症することが多くありますが、こういうときは不安うつ病と命名されています。他に、パニック障害になっていてうつ病も起きた場合は、パニック性不安うつ病と呼ばれています。

 

パニック障害に端を発してうつ病を引き起こすと、ひどく落ち込み、全く気力が起きない状態になります。気分の移り変わりが目立ち、同じ日でも時間によって非常に異なるようになります。例としては、午前の時間帯は気分が優れていたのに、午後になるとうつ症状が強く出るといった感じです。あとは、本人が好きな状況のときはうつ症状は現れず、都合が悪いとなるとすぐさまうつ症状が目立つということもあります。

 

こうした状況なので、パニック障害に起因する不安うつ病の人は、周囲の人から誤解されやすいものです。わがままな人だと誤解され、パニック障害の症状だけに限らず、人間関係にも亀裂が生じるようになるのです。パニック障害の人が近くにいるなら、これらの症状の変動に対して上手に対応できる環境づくりが重要になります。

 

過度の気分の浮き沈みが起こるのはパニック性不安うつ病が元になっているため、当人に問題があるわけではないと理解を得られる環境を用意しないといけません。理解がない状態だと、患者が辛いだけでなく病気が治りにくい状況をつくることにもなりかねません。

うつ病とパニック障害との関係関連ページ

症状
原因
漢方薬
就職
妊娠・出産
過換気症候群
相談
子供