パニック障害ですが妊娠・出産はできる?

妊娠時は肉体的にも精神的にも、バランスが不安定になりやすい時期です。そんな時にパニック障害を抱えているというのは、とてもリスクの高いことだと思います。やはり、妊娠出産をするのならば、肉体的精神的に健康な時に行うのが一番でしょう。

 

パニック障害を一度発症してしまうと、治療は長期間に渡ります。その間に、結婚をして妊娠を考える方も多くいらっしゃいます。その場合、一番の不安要素は薬です。健康で何の薬の服用もしていない妊婦さんでも、胎児や新生児に異常が見られるケースが2%程度あります。

 

もしも、妊娠中に安定剤などの薬を服用してしまうと、異常が見られたりする危険性などが6〜10%にまで上昇するのです。妊娠出産はもちろん可能ですが、自分にどんな子が生まれてきても全てを受け入れることが出来るでしょうか?

 

そのようなことを夫婦や家族が理解した上で行う妊娠出産であれば良いでしょう。それに、無事に健康な子を出産出来たからと言って安心は出来ません。赤ちゃんに何度もミルクを飲ませたり、おむつを交換したり、夜泣きなどで睡眠を充分に取ることが出来ず、ストレスが溜まります。

 

それが原因でパニック障害を悪化させてしまうケースもあるのです。精神的に不安定な状態が続き、最悪の場合、育児放棄に陥ってしまうことだって考えられます。

 

パニック障害をお持ちの方が妊娠出産を希望する場合には、家族でパニック障害という病気をよく理解し、出産後の話をよくしておくと良いでしょう。

 

最新のパニック障害克服法をご紹介

<更新日>

ここをクリックしてください!
詳しい情報はこちらから

ここをクリックしてください!
詳しい情報はこちらから

ここをクリックしてください!
詳しい情報はこちらから

パニック障害といえば、パニック発作、、予期不安、そして広場恐怖という3つの症状へ移行しますが、パニック発作に続いて発生するのが予期不安となります。予期不安と呼ばれるものは、パニック発作を起こした際の嫌な体験を怖がって、極端な不安感に押しつぶされてしまう状態のことを言います。予期不安が膨らむとこのあとのパニックに通じるようなときもあり、パニック障害が治りにくい状態になりかねません。

 

予期不安の症状が出て気を病んでいると、パニック発作に関する恐怖感にとどまらず、数多くのことを危惧します。大きな病気になっているかもしれない・死ぬかもしれない・気を失うことが怖い・大切な場面で発作が起きるかもしれないなどといった不安です。加えて、発作を起こした自分を見て他の人たちはどう受け止めるのか・迷惑だと思われるのではないかということが心配になる場合もあります。

 

発作の厳しさの怖さも感じますが、発作がいつ生じるかということも恐れるのです。さらに、発作が起きたとき、どういう風にその場所から引き返してくるのかも懸念材料に含まれます。パニック発作では、嘔吐するケースもありますし、失禁する可能性もあります。こういったことから、そんな様子を他人に見せたくないという考えが予期不安につながります。

 

パニック障害で心を痛めている人がそばにいる場合は、本人を安心させるために付き添ってあげることも大切です。そばにいることだけでも、パニック発作が起きてもなんとかなると、安心することができます。パニック障害がどれほど苦しいかというのは、引き起こした人でないと容易に理解できないでしょう。パニック障害を引き起こしている人との距離を縮めることで、理解も深まるようになり、完治にも役立ちます。

パニック障害ですが妊娠・出産はできる?関連ページ

症状
原因
漢方薬
就職
過換気症候群
相談
子供
うつ病