パニック障害は就職に不利なのか?

パニック障害などの精神的な病に対して、最近では大分理解も深まってきているようですが、やはりまだ、充分には理解されておらず、偏見を持たれることも多いでしょう。

 

そんな中で就職活動において、自分がパニック障害を持っていることを敢えて言う必要はないのではないかと思います。企業側は採用する際に、健康診断書を提出させたりしますよね。

 

もちろん、身体的には問題はないと思いますが、パニック障害を知らない人にはこの病気を理解してもらうのはとても難しいものです。それに、パニック障害の症状がひどいようなら、就職活動を先延ばしにした方がいいかもしれません。

 

仮に、就職活動を行って希望した企業に就職出来たとします。大抵の人は、毎日電車で通勤したりしなくてはいけませんよね?通勤電車でたくさんの人に囲まれ、突然パニック発作を起して途中下車せざるを得なかったりすると、電車に対する恐怖が増してしまいます。

 

もしくは、仕事中に過呼吸を起してしまい、社内の人に迷惑がかかってしまうなんてことも多々あるのです。

 

このようなことを繰り返し行っていると、迷惑をかけるつもりではないのに・・・と申し訳ない気持ちでいっぱいになり、さらに不安定な精神状態が続き、症状を悪化させてしまうなんてことも起こるでしょう。

 

就職したいという気持ちはわかりますが、ここは症状を改善することに専念すべきです。症状が改善してきたのなら、その時に就職を考えてみてください。

 

最新のパニック障害克服法をご紹介

<更新日>

ここをクリックしてください!
詳しい情報はこちらから

ここをクリックしてください!
詳しい情報はこちらから

ここをクリックしてください!
詳しい情報はこちらから

パニック障害という病は、パニック発作や広場恐怖それに予期不安の症状があらわれることが判断基準になります。これといった兆しもなく突如として出るパニック発作というのは、症状も多岐に渡るため中には違う疾病を危ぶんでしまいそうになるものもあるのです。パニック発作で多いのは、動悸がしたり、心臓の違和感や痛みのような心悸亢進となり、心臓に関わる病を患っているのではないかと不安になる人もいます。

 

これに続くのは呼吸困難であり、呼吸がしにくくなる、息苦しい、空気がうすいように思うといった症状が出ます。吐き気をもよおしたりめまいが出ることも少なくなく、倒れてしまうケースもあり得ます。身体的な症状の他に、自分自身を見失ってしまうケースもあります。言わば、自分のことが認識できず、もう一人の自分が外から見ているといった感覚です。

 

この状態は、非現実感と言われる症状です。この他、命を失ってしまうのではないか、自分の精神が崩壊してしまうという強烈な恐怖感を覚えるケースもあります。パニック発作については、異なる病気が要因になっているかもしれない症状もあるため、パニック障害と診断されるには、他の病気がないか確認する必要があります。

 

めまいを起こしているときは、メニエール病・脳疾患・片頭痛などが疑われますし、胸の痛みなどでは心筋梗塞や狭心症などを疑います。呼吸困難に関する病気も幾つかありますので検査して、別の病などではないことが明らかになりパニック発作が何度も起こる場合はパニック障害に特定されることになります。

 

的確な診断をするためには、病院で実施される問診が必要になります。問診ではパニック障害を起こしている原因を調べるためのものですので、思い当たることを詳細に伝えましょう。

パニック障害は就職に不利なのか?関連ページ

症状
原因
漢方薬
妊娠・出産
過換気症候群
相談
子供
うつ病