パニック障害の原因とは?

パニック障害の原因は、未だはっきりと解明されているわけではありません。

 

パニック障害の原因としてよく挙げられているものに、ストレスやその人の性格、生活環境などがありますが、今のところパニック障害との関連性が明らかになっていないのが現状です。

 

けれど、最近になって、脳内神経伝達物質が関係しているのではないかと言われるようになってきました。そもそも、人間の脳には、脳内で情報交換したり、脳からの命令を身体に伝えたりするための無数の神経細胞(ニューロン)があります。

 

その神経伝達物質の中の「セロトニン」と「ノルアドレナリン」のバランスが乱れ、何らかの問題が生じたために、パニック発作や予期不安に陥ってしまうのではないかと考えられています。

 

このような原因は脳の内部にあるために、いくら発作が起こった際に心臓や呼吸器の検査をしても異常が見つからないのです。

 

近年では、パニック障害の原因は、「脳内神経伝達物質のバランスの乱れ」などの生物学的なものであるという考え方が主流でしょう。

 

その他にも、パニック障害患者の家系は、うつ病やアルコール依存症などの発症率が高く、体質的な問題であったり、普段の食生活の乱れなどがパニック障害を引き起こしているという指摘もあります。

 

パニック障害は、ごく最近になってやっと病気として広く知られるようになってきました。でも、まだ原因が明確ではないこともあって、他の病気と間違えられたり、周囲に理解してもらえなかったりというケースもあるみたいです。

 

 

最新のパニック障害克服法をご紹介

<更新日>

ここをクリックしてください!
詳しい情報はこちらから

ここをクリックしてください!
詳しい情報はこちらから

ここをクリックしてください!
詳しい情報はこちらから

パニック障害の原因とは?関連ページ

症状
漢方薬
就職
妊娠・出産
過換気症候群
相談
子供
うつ病