強迫性障害を抑える薬って?

強迫性障害を抑える薬には、どのようなものがあるのでしょうか?以下、強迫性障害の場合に処方される薬について調べてみたいと思います。

 

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)
抗うつ薬です。即効性はなく、症状改善までには3週間以上かかります。強迫性症状を抑えるには、セロトニンの増量が効果的であると言われています。比較的副作用が少ないと言われていますが、吐き気や眠気、めまいや食欲不振などの症状が出る場合もあります。商品名としては、ルボックス・デプロメール・パキシルなどです。

 

三環系抗うつ薬
現在でも多く使われている抗うつ薬です。強迫性症状に比較的早く効果が現れるとも言われています。ただ、完全に良くなることは少ないようです。口の渇きや、便秘などと言った副作用があります。商品名としては、アナフラニールが代表的です。

 

抗不安薬
不安を抑える作用のある薬です。不安や緊張に対し、即効性があります。種類がとても多く、作用時間は薬によっても違います。ベンゾジアゼピン系やチエノジアゼピン系などがあります。代表的な商品名としては、ワイパックス・メイラックス・レキソタン・ソラナックス・デパスなどです。

 

以上が強迫性障害の治療で使われる薬の一部です。患者さんの症状や効果、副作用などがないかどうかを確認しながら薬が選択されます。行動療法なども組み合わせて治療が行われることが多いでしょう。

 

最新の強迫性障害克服法をご紹介

<更新日>

ここをクリックしてください!
詳しい情報はこちらから

ここをクリックしてください!
詳しい情報はこちらから

ここをクリックしてください!
詳しい情報はこちらから

強迫性障害を抑える薬って?関連ページ

どんな病気
チェックする
治療方法
克服
うつ病