パニック障害かどうかを診断する方法とは?

パニック障害かどうかの診断方法は、単にパニック発作が起こったかどうかということだけではありません。「予期不安」、「広場恐怖」といった、パニック障害の症状も発症しているかどうか、発症していればその症状の経過はどうかという確認も重要とされています。

 

また、発作の原因が薬や甲状腺機能亢進症、心臓や呼吸器など身体の異常で起こっていないかどうかを調べるために、身体の検査も行います。例えば、発作が起こった時に激しい胸の痛みを感じたという場合には、狭心症や心筋梗塞の疑いがないかを検査するのです。パニック障害は、以下のような問診を中心とした一定の基準に従った診断が行われます。

 

・発作時にどのような症状があるか?
・初めて発作が起こったのはいつか?
・最近の発作はいつ起こったか?
・どのくらいの時間にわたって発作が続いていたか?
・今までに発作を何回くらい経験しているか?
・発作が起こってから今まで、どのような気持ちでいたか?
・発作のきっかけ、原因として思い当たるものはあるか?
・身のまわりで、最近、何か大きな変化や事件は起こらなかったか?
・仕事の内容や人間関係など、日常生活でストレスを感じているものがあるか?

 

パニック障害については、軽い症状のものから重い症状のものまで様々な症状があります。そのため、実際には広場恐怖を伴う慢性化したパニック障害と、広場恐怖を伴っていない軽度のパニック障害の二つに分けられる場合もあるのです。

 

最新のパニック障害克服法をご紹介

<更新日>

ここをクリックしてください!
詳しい情報はこちらから

ここをクリックしてください!
詳しい情報はこちらから

ここをクリックしてください!
詳しい情報はこちらから

病院では、パニック障害はどうやって治療するの?

パニック障害を克服するための治療法として、現在、多く用いられているものに薬物療法があります。これは、抗うつ薬を利用してパニック発作を抑えるようにする方法です。また、精神療法もパニック障害の克服には有効であると考えられています。この精神療法には、「認知行動療法」や「自律訓練法」などがあります。

 

認知行動療法は、予期不安や広場恐怖の原因となっている場所や状況に徐々に慣らしていく、または、もし発作が起こっても大丈夫だと認識させる治療法です。例えば、電車に乗ることが恐怖だと感じている場合には、誰かに付き添ってもらい、一駅だけ乗ってみる。その状態に慣れて緊張感が無くなったようであれば、今度は二駅乗ってみるという具合に少しずつ訓練していきます。

 

けれど、この認知行動療法は一歩間違えると、さらに症状を悪化させてしまう可能性もあるので、専門医の指導に従い、無理をしないで慎重に行う必要があります。自律訓練法は、どんな時でも常に心身をリラックスさせる方法を身に付ける治療方法です。

 

睡眠不足などの乱れた生活習慣や精神的なストレスがあった場合には、心身ともリラックスさせることは困難になりますので、生活習慣を改善することも大切です。病院に通ってパニック障害を克服するなら、まずパニック障害に有効な薬を利用した薬物療法を行いながら、同時に心理的治療も進めていくことが効果的だと言えるでしょう。

 

 

パニック障害になってしまうと、捨て鉢になってしまう人も度々見受けられます。発作への恐怖のあまり、自宅にばかりいるようになり、普通の生活がしにくくなっていきます。生活習慣の崩壊もパニック発作をよぶこともあるので、生活のリズムを整えることも重要です。食事の面も重要で、バランスの取れた食事をすることが欠かせません。

 

パニック発作は、血糖値が低くなっている時に生じやすいので、質の良い食事を摂るようにしましょう。パニック発作を誘引するものは多様ですが、カフェインというのも発作の原因物質だとされています。コーヒーなどのカフェインの多いものは良くないので、控えるほうがいいでしょう。また、生活習慣を直すことも重要になります。

 

ストレスが溜まらないようにする・きちんと睡眠を取る・飲み過ぎないようにする・しっかり体調管理を行うなどを考える必要があります。ですが、疲労を避けるとはいっても、運動を全然しない生活は良いとは言えません。ある程度の運動は、パニック障害に良いとされているため、有酸素運動を取り入れましょう。

 

覚えておいてほしいことは、乳酸が溜まるようなきつい運動は駄目だということです。当人の意識だけだと、生活態度を改めるのは難しいかもしれません。親身になって手助けしてくれる人物が不可欠で、パニック障害について詳しい人で、柔軟に対応してくれる人がうってつけです。

 

治療を継続しても、思い通りの答えが出ない場合もあるでしょうおが、大らかな気持ちで支えることで、患者自身が不安に感じずに済みます、食事面や、症状の変化なども詳しく知っておくことが良いでしょう。

 

 

パニック障害と闘いながら頑張っている芸能人は多いようです。芸能人が積極的に告白することによって、パニック障害が広く知られるようになったといっても良いかもしれません。パニック障害はたくさんの人が経験している病気で、3%程度の確率で発症するというほど、患者は大勢いるのです。

 

芸能人たちが発表することにより、パワーをもらった人もたくさんいるでしょう。IKKOさんや、長嶋一茂さんがよく知られていますし、あとは堂本剛さんや中川家剛さん、高木美保さんや島田紳助さんなどの面々もパニック障害を患いました。テレビで度々目にする長嶋一茂さんは、自分からパニック障害のことを喋り、多くの人を驚かせました。

 

あまりにも偉大な父親がいる一茂さんは、大変大きなストレスを抱えて野球に打ち込みました。長嶋一茂さんは、ストレスの源であった野球から離れたことで症状が良くなってきたようです。そうした体験から、パニック障害を完治させるためには、パニック発作の元であるストレスを排除する対策をとることが重要とまとめました。

 

パニック障害を持つ芸能人は、自身の体験談を一人一人が持っているブログや出版したエッセイなどの中で公開しています。乗り越えるには、辛く厳しい道のりですが、周囲のサポートによって徐々に回復した様子を知ることができます。

 

堂本剛さんが入っているジャニーズ事務所においても、剛さんの症状に理解を示し、活動をサポートしています。パニック障害の治療に関して不可欠なのは、周りの人の支えと言えるので、患者と同じように病気と向き合って、気長に取り組むようにしましょう。